【兄弟で全然違う?】性格など含め長男次男を紹介します!

子供 子供そのほか

どうも、おるもんです!
今更ながらちょーくん(長男)とじーくん(次男)についてあんまりご紹介していなかったのを思い出したので

本日はちょーくんじーくんについて紹介したいと思います。

もちろんちょっとぼかしつつになりますが^^

スポンサーリンク

長男について

基本データ

長男、ここではちょーくんとして呼んでいます。
5歳(投稿時現在)で早生まれ男児。お腹の中にいるときからマイペース。促進剤により出てきたのんびりボーイです。

身長は早生まれのため低めではあるが平均的。
体重は重め。
朝昼晩3食きっちり食べる。おかしはなし。

睡眠は20:30~6:30(遅くとも7:00)くらいまで。

戦隊ものよりもプリキュア等の方が好きという乙女系男子。でも恐竜は好き。

性格

人の話聞いてる?ちゃんと聞いて!と言われがちなふらふらとした性格。
人にくっつくのが好き。お友達にも抱き着いているけどしつこくて嫌がられることもしばしば。注意してもすぐ忘れるので母としては対応に困り中。

基本的な性格としては穏やかで、じーくんと物の取り合いになってもひどく怒ったり手を出したりはしない。

行動

運動面はちょっと苦手。
サッカーを既に2年しているものの、最近ようやく上達の兆しが…。それでも後から始めた子にどんどん抜かれていく始末。
それでも本人は気にしない。好きだから止めないし失敗しても気にしない。

でもチームプレイなので試合になるとパスはもらえない。(のろいので)

それでも最近は本当に頑張って走って追いつくように努力している姿は割と感動もの。

好きなもの

食べること
とにかく食べる。食い意地…!と思うほど。昔から人が食べているものまで欲しがるため常に母の鞄から食べ物が出てくる。

最近は朝昼晩と食べる時間以外は我慢できるように。それでも人の分まで食べちゃいたい。
ブロッコリー1房の半分は食べるし、トマトは1パックでも食べる時も。

恐竜(動物も)
ジュラシックパークを見てから恐竜好きに。ジュラシックパークシリーズもう何回見るん?というくらいリピートしています。アニアとかシュライヒとかの恐竜フィギアが大量にある。(ノーブランド品も沢山 笑)


恐竜図鑑もひたすら眺めていて将来はヘンリー・ウーのような研究者になること(ジュラシックパークに出てくるキャラクターです)
この下の恐竜図鑑は本当色んなことが載ってて、カタカナが読めるようになってるとひたすら一人で読めるのでおすすめ。



将来はジャングルに住むそうです。そんな中でも「ジャングルって食べるものどうやって用意するんかな?」と食べることを気にしている模様。

「自分で用意せい」と伝えておきました。

嫌いなもの

怖いもの
とにかく怖がり。鬼は最強に怖い。幼稚園の節分は未だに泣いちゃう。小さい子クラスの子とともに避難しちゃう。

なんだか急に怖くなるとトイレにも一人で行けなくなる。トイレのドアもリビングのドアも開けっ放しでもいけないのでトイレの前で母は見張っておく事もしばしば…。

茄子
食べ物は好きだけど茄子だけはダメ。おえっ、ってしてしまう。工夫してもほとんどダメ。これだけは母も数年努力するものの最近は茄子の食卓登場率が激減中。

初対面の人
初対面でいろいろ質問してくる人が苦手。人見知り気味。
そのため○歳時検診とかでいろいろ聞かれると普段のおしゃべりの半分も発揮できない。が、最近は幾分攻略できてきている様子。

次男について

基本データ

ここでは次男は、じーくんと呼んでいます。
2歳(投稿時現在)。夏生まれのお祭り男(多分)。好き嫌いがはっきりしていて言葉はまだ怪しい。ちょーくんの2歳の時よりは確実に語彙の少なさと理解力の乏しさを感じるものの、2人目であるためあまり気にされていない。

身長は2歳にしては大きめ、次の学年の小さ目の子と同じか大きいくらい。
体重は重め。
朝昼晩食べたり食べなかったりムラがある。明確なおやつはなし。

睡眠は20:30~7:00くらいまで。母の枕を占領して寝る。ちょこっとではなく枕の真ん中に頭を置くので、母は枕の端っこで小さくなって寝る。

常に何かと戦ってる系男児。生まれながらの戦闘民族。きっと前世は違う星の生まれ。

性格

次男らしいというのか甘えた。母を全面的に占拠したい。
抱っこされている横にちょーくんが来るとあっち行ってと言う始末。母と離れる時はこの世の終わりのような泣きかたをする。

頑固。一度言ったら聞かない。悪さして怒られても気にしない。とりあえずごめんねっていえばOKと思っている。

人懐っこい性格で母さえそばにいれば誰とでも接することが出来る。母さえいれば。

行動

運動能力はちょーくんより高め。
ひたすら家でトランポリン飛んでる系男子。そんなに飛んで疲れないの?と思うほど飛びまくっているのできっとかれのインナーマッスルはすごいことになってるはず。

ちょーくんと同じような事をしたい。高いところからもジャンプしちゃうし、ちょーくんを追いかけて走りまくるけど流石に追いつかなくて沢山転ぶ。

身軽。高いところから平気でジャンプしちゃう。見ている母親はハラハラ。

好き

しまじろう
ちょーくんのいない時はひたすらしまじろうをリピートする。ひたすら映画内の魔法の呪文を唱えてくる。トイトレの時はしまじろうのぬいぐるみがトイレに行くフリをしたら一緒に行っていたほどで、しまじろう先生のおかげでトイレ成功したと母は思っている。

戦うこと
ひたすら何かと戦闘している。このブログを書いている間も、「なんとかーアターック」とか言ってる。でも笑い方は「はーっはっはっは」と悪役。去る時は「バイバイキーン」とバイキンマン。多分悪役の方が好き。


野菜は嫌いだから食べたくない、肉魚はほんのひとかけでも構わない、だが米がなけりゃ暴動起こす。米さえあれば他の食べ物はぶっちゃけなくてもOK。炊き込みご飯になれば野菜は混じってても許そう。米への愛情が強いのか「このお米甘い~」と言ってる。本当かどうかは謎。

プリン
コンビニに行くとプリンを買ってもらえないとご乱心。ぶっちゃけ3食のうち1食はプリンでもいいと思ってる。ただ母が作ったプリンじゃねぇんだ、ぷっちんプリンが最高!というこだわり深さ。

他の高級プリンはカラメルが苦すぎる、母の作ったプリンはなめらかさが足りない、ぷっちんプリン以外は認めない!と思ってるはず。

嫌い

野菜
特に人参。なんで存在するかわからない。と思ってるはず。食べ物の中にオレンジが見えると「人参は嫌!」という頑固さ。細く切ってもだめ。すりおろしなど存在が分からない状態でなければ摂取しない。

思い通りにいかないこと
欲しいものが手に入らないと嫌。おもちゃの取り合いはちょーくんからも奪い取る。手に入らなければ「じーくんが使ってたのにぃ~」とウソまでつく始末。

最近は「後で貸してね」を覚えてきたものの、後でが早すぎる。「後で貸してね」と言った直後に「じゃあ貸して!」と言う。

2人での遊び方

基本的に真反対のような性格の2人ではあるものの、一緒に遊ぶ事が多く、基本的にじーくんの遊びにちょーくんが合わせている。

母の仕事中にじーくんが「○○やって」と要求してきたことを「ちょーくんにやってもらい」と伝えると大体解決する。

そのためちょーくんが幼稚園の時よりも、休み中の方が仕事ははかどる。2人いると流石にうるさいけど。

2人仲良くおもちゃのパソコンをしたり。

下の記事にも書いたけど、このドラえもんのパソコンは本当におすすめです。アンパンマンかどっちがいいかと問われたら間違いなくドラえもん。何色と何色を混ぜたら緑になるか。とかちょっとしたプログラミングの走りみたいなのを楽しみながら覚えられるので。

ちょーくんが動物フィギアを見せて、これなーんだ?って問題を出し、じーくんに教えてあげたり(とても助かる)。たまにそれちょっとマニアックすぎん?って問題もあるけど。

穏やかなちょーくんの性格もあり、衝突らしい衝突は少な目。

最後に

こうやって改めて書き出してみると、以前から思ってはいたものの全く違うなぁと実感。
もちろんこれから性格的にも変わってくることはあると思うけど、穏やかなちょーくんにあまり我慢させないようにしなければなとちょっと反省する部分も。

これから大きくなって母だけではどうしようもない事も出てくるかもしれないので、2人の変化を実感するためにもたまにはこうやって (年1回くらい?) 書き出して行こうかなと思います。

その時はまたお付き合いください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました