ディーバイクマスター16AL(D-Bike MASTER)ホンダとコラボしたデザインも?|詳細は?口コミも含めて紹介

おすすめのもの
おるもん
おるもん

どうも、おるもん@olmo_work)です。

特別な工具を使わずにペダルや補助輪を簡単に着脱できる、ディーバイクマスター (D-Bike MASTER)16AL

キックバイク卒業、さらに自転車デビューに最適なディーバイクマスターはホンダとコラボしたデザインも販売しており、そのデザインはきっとパパ心もくすぐる商品です。

この商品は、ペダルを取り外しできるキックバイクとしては一番自転車に近い存在です。どんなところが自転車に近いと言えるのか?記事内で紹介します。

何よりも、ペダルの取り付けがどのキックバイクよりも一番簡単!というのが魅力です。

そんなディーバイクマスターについての詳細を口コミも含めて紹介していきます!

スポンサーリンク

ディーバイクマスター16AL(D-Bike MASTER)とは?

ディーバイクマスター16ALは3歳半から乗る事ができ、キックバイクの卒業、さらに自転車デビューをスムーズに行うことが可能な商品です。

※キックバイクとは、 漕ぐためのペダルがない自転車です。足で蹴って前に進みます。

キックバイクの利点は、遊んでいるうちに自転車に乗るためのバランス感覚が養われることです。そのため、ペダルありの自転車にもスムーズに移行することが可能です。

そんなペダルのない自転車の事をキックバイクと言います。

キックバイク卒業と自転車デビューをスムーズに行える、ディーバイクマスターを今回紹介するわけですが、

他のキックバイクにはない画期的な機能がついています!

その機能により、子供を見守る親の負担や、子供自身の負担が半減します。

キックバイクの卒業と自転車デビューをスムーズに行うために考えられた、 ディーバイクマスター最大の特徴が「クイックテイク」 です。

クイックテックとは?

クイックテックは、ディーバイクマスター独自のもので、通常ペダル後付するキックバイクは、ペダルを取り付ける際に自転車店に持ち込んだり、簡単だったとしても多少の工具が必要です。

ただディーバイクマスターは工具が不要でペダルが取り付けられるのです。

その装備がクイックテック。

以下はディーバイクマスターの公式サイトより引用しています。

クイックテイクとは
ペダルや補助輪(※)が工具なしで簡単に着脱できる、子どもたちの自転車練習のために開発された、他の子供用自転車にはないディーバイクならではの装備です。

キックバイクの様にペダルをはずして足けりで乗ることで、楽しみながら二輪のバランス感覚を身につけることができます。補助輪の着脱もクイックテイクはワンタッチ。

idesサイトより引用

\ディーバイクマスター16AL/

\ホンダコラボデザインはこちら/

ディーバイクマスター16ALの詳細は以下の通りです。

ディーバイクマスター16ALの詳細
  • 対象年齢
    3.5歳から
  • 身長目安
    95cmから
  • タイヤサイズ
    16インチ
  • 重さ
    9.5kg(ホンダデザインより1kg軽い)
  • カラー
    標準カラー:3種類
    ホンダデザイン:2種類
  • ペダル
    簡単取り付け
  • 補助輪・ バスケット
    別売りで販売
  • スタンド
    標準装備

ディーバイクマスター16ALとホンダデザインの物はフレームの素材が違います。

ディーバイクマスター16ALはフレームにアルミ素材を採用しており、従来のものよりもより軽くなっています。

このページでは基本的にディーバイクマスター16ALについて説明しています(本体重量などに差異がありますのでご注意ください。)

これから

  • ディーバイクマスター16ALのメリット
  • ディーバイクマスター16ALのデメリット
  • ディーバイクマスター16ALの口コミ

などを紹介していきます。

ディーバイクマスター16AL(D-Bike MASTER)のメリット

以下が、ディーバイクマスター16ALのメリットです。

ディーバイクマスター16のメリット
  • 自転車に早く乗れるようになる
  • 工具不要でペダルが着脱できるから、ペダルなし→ペダルありにすぐ変更できる
  • スタンドが標準装備のため、無駄な出費が防げる
  • ホンダとコラボしていたり、デザインがかっこいい
  • バスケットなどを後付けできるから、自転車練習の邪魔をしない

これから上記のメリットについて詳しく記載していきます。

自転車に早く乗れるようになる

ペダルの後付できるキックバイクは、どの商品も総じて、補助輪付の自転車からスタートするよりも自転車に早く乗れるようになります。

その理由としては、ペダルを付けずにキックバイクとして足で漕ぎ、練習をすることで、自転車に乗る為の体重移動など、バランス感覚を養うことが出来るからです。

補助輪付の自転車の補助輪を外した瞬間から自転車に乗るのが怖くなるのは、支えがないということと、ペダルを漕ぐ際の体重移動の仕方が異なります。

そのため、補助輪を付けてしまうと、外した時に急に子供は不安になるのです。(私自身も記憶にあります。)

工具不要でペダルが着脱できるから、ペダルありにすぐ変更できる

ディーバイクマスターはペダルも簡単に装着できるクイックテックが装備されている
出典: ides公式サイトより

通常、ペダル後付可能なキックバイクディーバイクマスター以外の、他のキックバイク(へんしんバイク、ケッターサイクル、ストライダー)は、

ペダルの取り付けに工具が必要であったり、自転車店に持ち込む必要があったりします。

ただディーバイクマスターはそんな手間いらずでペダルを取り付けることが可能です!

最初に説明したようにディーバイクマスターにはクイックテックという装備が搭載されています。クイックテックは工具など不要でワンタッチでペダルなどを取り付けられる優れもの。

そのおかげで、キックバイクで練習していて、これならペダルを付けて自転車に乗れそうな気がする!と思った時には、公園などその場でペダルを取り付けてあげることが出来るのです。

また逆もしかりで、ペダルを取り付けたものの、やはりまだ早かったかも…といった場合でも簡単に取り外すことができるので、ペダルを付けたばかりに子供が自転車の練習を嫌がるようになった…ということを回避できます。

また基本的には別売りですがディーバイクマスターは一応補助輪なども購入することが可能です。(販売されている商品によってはカゴと補助輪とセットになっている商品もあります)

キックバイクで慣れていれば補助輪を使う機械もないかもしれませんが、その補助輪もワンタッチで取り付け可能。購入後のメンテナンスが非常に簡単なのです!

スタンドが標準装備のため、無駄な出費が防げる

ディーバイクマスターは別売りの補助輪なども簡単に着脱可能。もちろん自転車スタンドも
出典:ides公式サイトより

キックバイクの中にはスタンドが別売りであったり、別売りのスタンドを後々自分で取り付ける必要が出てきます。

ディーバイクマスターなら自転車スタンドは標準装備です。

そのため無駄な出費は抑えられます。またスタンドも簡単にとりはずすことが可能で、上の画像の赤丸で囲まれた部分のスタンドを取り外して、青丸の部分のように補助輪を取り付けられます。

ホンダとコラボしていたり、デザインがかっこいい

ディーバイク(D-BIKE)は、 マウンテンバイクの正しい指導・普及を志す20才以上の者 に与えられる資格であるマウンテンバイクの公認インストラクターのライセンスを持つデザイナーを中心とした開発チームが制作しているキックバイク・自転車です。

通常のデザイン(黒いデザイン)ですら洗練されたデザインで、大人の自転車と遜色ないデザインは、男心をくすぐりそうなデザインで、パパも自転車練習に協力的になってくれるかも?

ホンダとコラボしたデザイン(赤と白いデザインのもの)もホンダバイクの特徴的なカラーを使ったデザインが特徴的です。バイク好きの方などにはたまらないデザインとなっているのでしょう。

バスケットなどを後付けできるから、自転車練習の邪魔をしない

ペダルなしの状態のキックバイクから、ペダルを取り付けて自転車に乗れるようになるまで、カゴは不要です。

なぜなら練習の過程で沢山転んでしまうことが多いので、自転車のかごが曲がってしまうなんてこともあり得ます。

ただ、自転車に乗れるようになって、出かけるようになるとむしろカゴがないと不便ということもあります、水筒や鞄を持ち運んだりするのにカゴがあると便利だなという事も…。

そんなときディーバイクマスターであればカゴを後付できるようになっているので、安心。練習時にひしゃげてしまったカゴを使い続けなくていいというのは嬉しいですね。

こういう所も長く使える自転車の特徴と言えるでしょう。

ディーバイクマスター16AL(D-Bike MASTER)のデメリット

以下が、ディーバイクマスター16ALのデメリットです。

ディーバイクマスター16ALのデメリット
  • 他のペダル後付のキックバイクよりも重いため、扱いにくい可能性も
  • マウンテンバイク仕様のフレームが跨ぎにくいため、子供が乗る時にバランスを崩す可能性あり

以上のデメリットを下で詳しく説明していきます。

他のペダル後付のキックバイクよりも重いため、扱いにくい可能性も

まずはその他の商品とディーバイクマスターの重さを表にして比べてみます。ディーバイクマスター以外の商品は14インチですので、その点に注意してご確認ください。 (ディーバイクマスターが14インチがないため)

ディーバイクマスター16ALへんしんバイクケッターサイクルストライダー
ペダルあり9.5kg8.0kg9.1kg6.5kg
ペダルなし9.5kg6.3kg7.5kg5.5kg

こうして見比べてみると、一番ディーバイクマスター16ALが重いことがわかります。ディーバイクマスター16ALがペダルありとなしで重さが変わらないのは、他のキックバイクと違い、ペダルなしの状態でもチェーンが付いたままになっているため、重さが変わりません。

ディーバイクマスターの従来品では10.5kgでしたが、フレームの軽量化に成功したため他商品のケッターサイクルとそれほど変わらぬ重さとなりました。

では何故重さがデメリットとして入れられるのか?

その理由は、ペダルなしの状態とペダルを取り付けた状態の重さが変わらないというところにポイントがあります。ペダルなしの状態の他製品と比べると3~4kgほど重い状態となります。

この9.5kgを3歳半の子が扱うとなれば少し重くなってしまうのです。キックバイクが倒れた時に起こすのが大変で、さらに転んだ時に予想より重い本体が体の上に乗っかったり…と幼い子からすれば自転車が嫌になってしまう理由の1つになりかねません。


ただ!

上の表は他のキックバイクは14インチ、ディーバイクマスター16ALは16インチとなりますので、他製品よりも長く乗れるということを考えると、少しの間子供に辛抱強く付き合ってあげれば、子供はすぐ大きくなりますので問題ないかな…という気もします。

マウンテンバイク仕様のフレームが跨ぎにくいため、子供が乗る時にバランスを崩す可能性あり

ディーバイクマスターのデメリットとして、かっこいいデザインが子供が自転車にまたがるのを邪魔するかも
出典:ides公式サイトより

何度見てもかっこいいデザインですよね。

ただ上記写真の赤丸で囲んだフレームが小さな子供には跨ぎにくい要因となります。

その理由は簡単です。

子供は片足でバランスをとることが得意でしょうか?答えはNOです。ましてや重い自転車を支えたまま片足を上げて跨ぐとなると、少しハードルが高くなってしまいます。

この点についても大きくなれば、問題ない部分ではありますが、3歳半頃からスタートさせたい場合は子供の足が引っかかってしまわないように注意してみてあげましょう。

おるもん
おるもん

なぜこのフレームがデメリットと言い切るのか?それは、私が子供にペダル後付のキックバイク「へんしんバイク」を購入したからです。

へんしんバイクも同じようなフレームの形であるため、何度も子供が足をひっかけていたからです。

ディーバイクマスター(D-Bike MASTER)口コミ は?

疑問,画像

ここまでディーバイクマスターについて説明してきましたが、実際に購入した人の口コミはどうでしょうか?確認していきたいと思います。

ただディーバイクマスター16ALは新商品であるため、口コミがありませんでしたので、変わりにディーバイクマスター16の従来品の口コミを紹介します。

変わったのはフレームの素材が変わったため重さとデザイン程度ですので、参考にしてください。

近所の自転車売り場で現物を試乗したので安心して購入できました。

購入の決め手はペダルがワンタッチで着脱できるところです。
流行りのストライダーの経験が無いので、それに似た乗り方で練習させたかったのでこちらを見つけてすぐ気に入りました。

16インチで2万円超は少々予算オーバーしましたが作りもとてもしっかりしているので長く乗れそうなので良いです。
迅速な発送もありがとうございました。

楽天口コミより

もうすぐ5歳になる息子に初めてのキックバイクを購入。デザインもよく息子も気に入ってくれました!100cmの息子はサドルを一番下まで下げてつま先立ち位なので少し大きかったかもですが練習には支障無さそうです。一緒に練習するのが楽しみです!

楽天口コミより

95cm以上と書かれていたので、97cmの息子に買いました。つま先は届くけど、キックバイクのように使うには高すぎました。もう少し大きくなるまで保存です。

楽天口コミより

ディーバイクマスター(D-Bike MASTER)を買うなら4歳以降がベター

まとめ

ディーバイクマスター16ALはまとめると以下のような商品です。

ディーバイクマスター16ALのまとめ
  • ペダルなど(補助輪)を工具不要で簡単につけられる
  • マウンテンバイクのデザインが恰好良い
  • バスケットも後付できるので、自転車に乗るころにひしゃげない
  • スタンドは標準装備
  • 基本的に補助輪、バスケットは別売り(案内している下記の商品は補助輪バスケット付)
  • 3歳半頃だと少しサイズが大きく感じる

ここまでディーバイクマスターについて詳細を記載してきましたが、まとめるとすると、ディーバイクマスター16AL(16インチ)を購入するのであれば、4歳以降がベターだと思います。

その理由はデメリットの部分に挙げた重さということと、16インチという自転車の大きさにあります。公式では95㎝の身長から乗れるというように案内がありますが、口コミを見ても少し大きすぎた…という内容のものも多かったため、もしディーバイクマスター16ALを購入するのであれば、4歳以降を私はおすすめします。

例えば、2歳頃にすごく安いキックバイク(ペダルはつけられない商品)を購入し、4歳頃にディーバイクマスターを始める…という買い方はすごくスムーズに移行できるのではないかなと思います。

そのためディーバイクマスター16ALは、4歳以降に購入するのがおすすめです。

ディーバイクマスター16ALはこちらです。

\通常デザイン/

\ホンダコラボデザイン/

ではどのキックバイクが一番おすすめできるのか?

それではこの辺で、おるもんでした!

タイトルとURLをコピーしました