【カーリースは個人でも使える】メリット・デメリットと実際に使用している感想を紹介します!

おすすめのもの
おるもん
おるもん

どうも、おるもん(@olmo_work)です

カーリースと言えば社用車などで使われているイメージも強いですが、最近では個人用に向けても色んな会社がカーリースを行っているのを知っていますか?

カーリースは昨今、多く利用されており、アメリカでは30%、また日本でも沖縄では20%以上もが車を購入するのではなくカーリースを利用している状況です。

実際に私もカーリースを利用していますが、車税などが毎月の支払に含まれて計算されているので、支払が一律なのがとても助かっています。

そんな便利なカーリースのメリットやデメリット、実際に私が使用している感想など含めて紹介していきたいと思います!

この記事では

  • カーリースとはどんなものか
  • カーリースのメリット・デメリット
  • おすすめリース会社
  • カーリースを実際に使用してみての感想

などについて書いています。車購入すべきか?リースにすべきか?そもそもリースって何さ…という方の参考になれば幸いです。

  1. 個人用のカーリースってどんなもの?
  2. 個人用カーリースのメリット
    1. 頭金0円、車税、車検込の商品が多く、一気にまとまった出費をしなくて済む
    2. グレードが選べたり、オプションなども装備可能
    3. リース会社の契約によっては後からカーアクセサリーなども追加可能
    4. カーシェアとは違い、ほとんど自分の車
  3. 個人用カーリースのデメリット
    1. 契約やオプションによっては割高になることもある
    2. 納車までに大体2カ月ほどかかる
    3. 支払い終えても自分の車にならない場合もある
    4. 契約の走行距離に気を付ける必要がある
  4. 新車カーリースなら定額ニコノリパック
    1. 定額ニコノリパックの特徴
      1. ボーナス払い有にしていると月々のリース料が安い(均等払いも可能)
      2. 残価清算のリスクが無いのに、リース期間終了後も延長・買取・返却を選べる
      3. メンテナンスパックが充実していて、長く乗るのにも安心
      4. 公式サイトに明確にメリットデメリットなど含めて全ての流れ等が書かれていて安心
      5. 店舗があるため、ネットだけでは不安な人も直接相談できて安心
  5. TVCMも流れているカルモでマイカーリース
    1. カルモの特徴
      1. 月々の支払いがフラットに設定されているため、支払プランが想像しやすい
      2. ネット割引がある・キャンペーンなどもあり、認知度急上昇
      3. 月額はかかるものの、リース契約終了後に車がもらえるプランがある
      4. カルモのメンテナンスプランは3種類あり、豊富で選べるのが嬉しい
  6. 個人用カーリースを実際に使用してみて
  7. カーリースについてまとめ
スポンサーリンク

個人用のカーリースってどんなもの?

会社であれば車を購入せずに、リースで…という選択肢がよく取られていますが、個人用にもカーリースのサービスは提供されています。

カーリースとは個人が選択した車種を、リース会社が購入し、個人に対してその車を比較的長期にわたり貸し出すサービスの事を指します。

カーリースを利用することで、月々1万円~の支払で車を使うことが出来るので、頭金などまとまったお金を払うのはちょっと…という方にもおすすめできる利用方法です。

現在では様々な会社がカーリースのサービスを提供しているので、「月々の支払は安くボーナス時だけ少し高く。」という選択や「ずっと一定の支払額で長期間乗る」という契約などリース会社によって異なるので、見比べて検討するのがおすすめです。

主婦の方や、学生さんなど、女性におすすめのカーリースなんてのもあります!

これについては今回記載しませんが、もし奥さんに、娘さんに…と知りたい場合は私にお問い合わせください。

それでは早速、カーリースのメリットなどについて説明していきたいと思います。

個人用カーリースのメリット

カーリースには、月々の支払いが一定になるなどのメリットがありますが、他には一体どんな事が魅力なのか…

以下にメリットを分かりやすく記載していきます。

ひらめき,画像,男の子1
カーリースのメリット
  • 頭金0円、車税、車検込の商品が多く、一気にまとまった出費をしなくて済む
  • グレードが選べたり、オプションなども装備可能
  • リース会社の契約によっては後からカーアクセサリーなども追加可能
  • カーシェアとは違い、ほとんど自分の車

これから上に書いたメリットについて詳しく説明していますのでご覧ください。

頭金0円、車税、車検込の商品が多く、一気にまとまった出費をしなくて済む

カーリースの月の料金は、基本的に車本体・取り付けたオプション・車検・車税などなど全て込みの料金を契約年数で割って算出したものを、支払っていく形となります。

そのため、毎年支払う必要のある自動車税や、年数を追えば受ける必要のある車検時などにお金を支払う必要がありません。

リース会社によっては購入後サポートのプラン(車検や車税だけという選択からタイヤメンテナンスなども含むかどうかなど)にも差があります。

このアフターサポートの部分についても料金は、プランに応じて支払計画が契約前に分かるので、急に料金が増えた!ということがありません。

自分に必要だと思えるプランのみつけられるのも嬉しいですね。

グレードが選べたり、オプションなども装備可能

基本的に通常新車を購入するときと同様に、オプションなどが色々と選べるのもカーリースのメリットです。

選ぶものによって月額料金が変動しますが、例えば車のグレードから、車体のカラーなどは選べます。

またETCを取り付けたりカーナビを付けると言ったこともオプションで選べます。

ETCは必要だけど、カーナビはスマホで見るから要らないという場合はその分出費が抑えられます。

リース会社の契約によっては後からカーアクセサリーなども追加可能

基本的に大幅な改造などは禁止されていますが、カーアクセサリーなどは自由につけられるリース会社が多いです。

リース期間が終了し、車を返却する場合は、最初の状態に戻して渡す事が条件というリース会社が多いので、それが問題ない範囲で追加を行うのが良いと思います。

私は最近になってようやくドライブレコーダーを取り付けようかな?なんて思っているところです。

カーシェアとは違い、ほとんど自分の車

カーシェアの場合は、登録し、自分の使いたい時に使用するというスタイルです。

費用はカーリースよりも安いでしょう。ただシェアする車が沢山の台数が用意されているのであればともかく、必ず自分が乗りたい時に、シェアする車があるとは限りません。

またカーアクセサリーなども取り付けることはできません。

カーリースは、1つ前のメリットの欄でも記載しましたが、大幅な改造にならなければカーアクセサリーを取り付けられるところがほとんどです。

そして最終的にリース期間が終われば、車を完全に自分の物にすることも出来るので(契約によります)、ほとんど自分の車と行っても過言ではありません。

比較的月々の支払いを抑えて、自分の車を手に入れたいならカーリースがおすすめです。

個人用カーリースのデメリット

もちろん、カーリースにもデメリットとなる部分は存在します。どんな事がデメリットとなるのかも詳しく見て行きましょう。

疑問,画像
カーリースのデメリット
  • 契約やオプションによっては割高になることもある
  • 納車までに大体2カ月ほどかかる
  • 支払い終えても自分の車にならない場合もある
  • 契約の走行距離に気を付ける必要がある

デメリットについても下に詳しく記載していきます。

契約やオプションによっては割高になることもある

自分の好きなようにオプションなども選べるとメリットの点で書きましたが、もちろんオプションを増やせば増やすほど月々の支払い料金は増えます。

それ以外にも、カーリースの契約の際に注意したいのは残価設定をされた上で料金が決まっていないか?という点に注目する必要があります。

残価設定とは?

残価とは「残存価値」の略です。

契約する際に、契約終了時に予想される車本体の価値を予め差し引いた料金を算出し、その料金を契約年数で割って月額の支払い料金を決めているところがあります。

例えば分かりやすく100万の車を36ヵ月リースするとして、残価設定されていないものであれば、月額27,000円程の支払いとなります。

しかし36ヵ月後の車の下取り価格を50万(極端な例ですが)と設定したとすると、100万円から50万円差し引いて、それを36ヵ月分で割るので、月々の支払いは13,800円程の支払いとなり、随分安くリースすることが出来るのです。

万が一契約時に残価があまりにも高く設定されていたとして、契約終了時相場よりも残価が高いと、差額を支払う必要があります。

つまり、上記の例で言うと、中古車相場では30万円の価値しかないのに、残価は50万円だと設定されている場合差額の20万円を契約終了時に支払う必要が出てきてしまうような契約があるのです。

ただ全ての契約がそうだというわけではありません。

リース会社や、提供されているプランを選べば、この残価設定問題も気にせず車に乗ることが可能です。

納車までに大体2カ月ほどかかる

これはどの新車を買っても、大体同じだと思いますが、審査から納車まで大体が2カ月ほどかかります。

特急でという場合相談できるところもありますが、目安は2カ月を見て置くといいでしょう。

この点についても、そんなに早急にカーリースが必要だ!ということで契約する人も少ないと思いますので、デメリットとも言い難い点ではあります。

支払い終えても自分の車にならない場合もある

基本的に、リース期間が終了すると、返却か新車に乗り換えか、そのまま同じ車に載り続けるか…という3つの選択肢が用意されています。

ただ契約やリース会社によっては返却か乗換しか用意していないところもあるようです。

愛着の沸いた車を手放したくない…!という気持ちが残る方なんかは気を付けた方がいいでしょう。

ただ、多くは5~7年前後乗っていたら新車に乗り換えたくなってしまうもの…そういう場合は別に自分の車にならなくても…というような気もします。

契約の走行距離に気を付ける必要がある

車でよく出かけたり、長距離移動するような人は契約前に注意が必要です。

カーリースの車は大体、毎年○kmまで走ることが出来るという決まりがあります。

リース期間が終了して返却する際に、もしその決められた距離を超えている場合は、支払が生じることがあるのです。

そのため長距離走る予定がある人などは、契約前にこの決められた距離数を変更できるかなどを確認した方がいいでしょう。

私は基本的に日常使いで乗る程度なので、全くこの決められた距離を更新する気配が見えません。


ここからは、おすすめできるリース会社を2件紹介したいと思います。

新車カーリースなら定額ニコノリパック

自宅に入る広告にもよく含まれているので、見かけたことのある人も居るかもしれません。

東北エリアから四国エリアまで広く店舗を所有しているため、ネットだけで決めるのは不安…という場合は定額ニコノリパックがおすすめです。

定額ニコノリパックの特徴

ニコノリパックの主な特徴を以下に分かりやすくまとめてみました。

ニコノリパックの特徴
  • ボーナス払い有にしていると月々のリース料がとても安い(均等払いも可能)
  • 残価清算のリスクが無いのに、リース期間終了後も延長・買取・返却を選べる
  • メンテナンスパックが充実していて、長く乗るのにも安心
  • 公式サイトに明確にメリットデメリットなど含めて全ての流れ等が書かれていて安心
  • 店舗があるため、ネットだけでは不安な人も直接相談できて安心

以下に詳しい内容を説明していきたいと思います。

ボーナス払い有にしていると月々のリース料が安い(均等払いも可能)

こちらのリース会社は月額の支払いがかなり安く設定されています。

新車5年リース・頭金0円の場合
新車ハスラーなら月々10,800円で、新車ランドクルーザープラドなら月々32,400円で乗れてしまいます。

ただ

注意が必要なのは、上記の条件で乗れるのはボーナス払いを設定した場合となります。

ボーナス払いなしでずっと均等払いにするともう少し月額が高くなるので、ボーナスの出る方は問題ないかもしれませんが、ボーナスのない方などは、支払が異なってきますので、契約の際は気を付けましょう 。

残価清算のリスクが無いのに、リース期間終了後も延長・買取・返却を選べる

定額ニコノリパクではクローズドエンドと呼ばれる、残価清算のリスクを負わない契約形態を取っています。

クローズドエンドって何?

残価設定の上契約するカーリースには2パターンの契約形式があります。それは下記の2つです。

  1. オープンエンド
  2. クローズドエンド

2つの大きな違いは、残価清算の義務が、車の使用者にあるか、リース会社にあるかという点が大きく違います。

オープンエンドの場合は車の使用者に残価清算の義務があります。リース会社は残価を高めに設定しておくことで、月額の支払いを安く済ませることが出来るのです。

その代り、中古車相場よりも残価が下回ると差額を支払う必要が出てきます。

逆にクローズエンドの場合は、リース会社に残価清算の義務があります。そのため残価を低めに設定してあり、月額はそれほど安くならないことが多いのです。

そしてクローズドエンド契約の場合は、契約を終えた後、車を買い取るという事が基本的には出来ません。

上記の説明を読んで、それでは最終的に購入したいのであれば、オープンエンド契約の方がいいのでは?と思いませんか?

でも大丈夫!

ニコノリパックはクローズドエンド契約でありながら、月額は安く、さらに契約を終えた後は、延長や終了(乗換)だけでなく買取も選ぶことが出来るのです!

例え残価が中古車相場よりも下回っていたとしても、残価さえ支払ってしまえば買い取れるというのも嬉しいところですね!

メンテナンスパックが充実していて、長く乗るのにも安心

ニコノリパックのアフターメンテナンスのパックは2種類あります。

  • ライトプラン:月々2,160円~
  • バリュープラン:月々3,240円~

の2つのプランです。

ライトプランは

法定6か月12か月点検、オイル交換、ワイパーゴム交換、ブレーキオイル交換、ブレーキパッド交換、エアガス補充、エアコンオイル補充、点火プラグ交換、クーラーベルト交換が含まれています。

そのプランにプラスしてタイヤ4本・バッテリー交換(両方36ヵ月の時1度)が付いたのがバリュープランです。

契約年数にもよりますが、タイヤが摩耗し始める3年でタイヤ入れ替えではなく、交感できるのは有りがたいですよね!

基本的にはライトプランで問題ないとは思いますが、決められた距離ギリギリまで沢山乗りたい!という場合はタイヤ交換も含めたバリュープランがおすすめです。

公式サイトに明確にメリットデメリットなど含めて全ての流れ等が書かれていて安心

通常デメリット部分を書いているところは少ないですが、定額ニコノリパックではデメリット部分がしっかりと書かれた記事なども掲載されています。

公式サイト:定額ニコノリパック

分かりにくいところなどが無いように網羅されたサイトはとても親切で分かりやすいので、

ういった部分もカーリースに不安を覚えている人には安心できる点になりますね!

店舗があるため、ネットだけでは不安な人も直接相談できて安心

ネットが普及して、カーリースの契約もネットでOK!という人から、やっぱりネットだけでは不安かも…というような人もいると思います!

やっぱり、リースで高いものだし、直接相談したい。

そんな人にも定額ニコノリパックはおすすめできます!

なぜなら東北から四国までですが、実店舗にて相談することも可能だからです。対面で買えるのは安心感がありますね!

おるもん
おるもん

私はネットで契約してリースしていますが、
何も問題はないですけどね!

ただネットだけでなく選べるのは嬉しいですね!


続いて、もう1つおすすめ出来るリース会社についても紹介したいと思います。

TVCMも流れているカルモでマイカーリース

マイカー賃貸のカルモはTVCMも流されており、メディアなどでも取り上げられ注目されているカーリースの会社です。

【マイカー賃貸カルモWeb限定CM】ありかも。カルガモ眼鏡篇 EX

動画にもありますが、カーリースを使うと、本当に「ありかも!」って思うんですよね。

その理由はやはり車に乗るのにまとまった支払がないというのが大きいです。しかも車検時にあれこれ用意して、お金もかかって…、ああ今年も車税の時期が来たのか…なんて煩わしさが一切ないのです。

車検の日すら待ち遠しいくらいです。(一人でのんびり雑誌読みながら待ってられる時間があまりないので、その時間を今か今かと楽しみにしています。)

私は今のリース期間が終了しても、車へのこだわりが薄いためおそらくまたリースで契約すると思います。

それだけ何も不便がないのです。

カルモの特徴

ニコノリパックでも紹介したようにカルモの特徴も説明していきたいと思います。

カーリースのカルモの特徴
  • 月々の支払いがフラットに設定されているため、支払プランが想像しやすい
  • 店舗がないため、ネット契約になるもののネット割引がある
  • キャンペーンも多いので、契約のタイミングでお得になることがある
  • 月額はかかるものの、リース契約終了後に車がもらえるプランがある
  • カルモのメンテナンスプランは3種類あり、豊富で選べるのが嬉しい

月々の支払いがフラットに設定されているため、支払プランが想像しやすい

カルモの特徴は基本的に頭金0円、ボーナス払いなしのフラットな支払が最初から設定されていることです。

契約は最長11年まで選べるため、長く乗る自信のある人はより月額費用を安く設定できるのが嬉しいですね。

カルモはボーナス払いの用意がないため、ボーナス払いを利用して月額の支払いを安くしたい方は上で紹介した定額ニコノリパックがおすすめです!

ネット割引がある・キャンペーンなどもあり、認知度急上昇

実店舗を持たないカルモ。ネットで契約するしかないのに、なんとネット割が効くのです。最大39,600円も割引になって、とてもお得です。

それとは別に新規契約者に向けて様々なキャンペーンも行っているのも嬉しいですね。

おるもん
おるもん

Amazonギフト券10,000円分を先着○名様にプレゼント!など
利用者に嬉しいキャンペーンが時々行われていますよ!

またTBSテレビや日経新聞、Yahoo!ニュースなどのメディアにも掲載されており、徐々に認知度を高めています。

月額はかかるものの、リース契約終了後に車がもらえるプランがある

通常リースの契約は契約終了後、使用していた車両をもらえないところも多いです。

ただカルモはある条件を満たしていることで、リース契約終了後に車がもらえるプランが用意されています!

条件は

  • 対象車種(軽自動車・コンパクトカー)であること
  • 7年以上での契約

以上の2点です。

こちらのプランは2019年2月に新しくできたプランなので、まだまだ対象車種も少ないですが軽自動車やコンパクトカーでの契約であれば、

7年契約だと通常の契約料金に月額プラス500円で車が自分のものとなります。

定期的に車を乗り換えたい人はこのプランはいらないと思いますが、廃車まで自分の車として乗りたい!という場合は申し込んでおくのがいいですね!

カルモのメンテナンスプランは3種類あり、豊富で選べるのが嬉しい

カルモのアフターサービスのプランは3種類用意されています。

  • ホワイトプラン:ベースのプランでプラス料金なし
  • シルバーメンテプラン: 月々3,280円 ~(契約期間や車種などによって異なります)
  • ゴールドメンテプラン:月々 4,380円 ~(契約期間や車種などによって異なります)

以上の3つのプランがあります。

メンテナンスなしのホワイトプランでも以下の基本的なサポートは付いてきます。

自賠責保険、自動車税、重量税、新車登録手数料、ディーラー無料点検台、仲介手数料、お客様サポート

上記の内容にプラスでメンテナンスやサポートを受けたい場合は、月額の支払いで追加料金を支払って、シルバーメンテプランとゴールドメンテプランを申し込む形となります。

シルバーメンテプランとゴールドメンテプランの詳細については、公式サイトをご確認ください。

安心、おトクなマイカーリース「マイカー賃貸カルモ」

カーリースの多くは、車検が基本料金に込み!という所が多いですが、カルモの場合は車検点検料がシルバーメンテプランからしか付きません。

車検料なども含めて月額払えるのがカーリースの最大のメリットでもあると思うので、最低でもシルバーメンテプランには入ることをおすすめします!

個人用カーリースを実際に使用してみて

私は実際にカーリースを使用しています。その理由としては、上記で挙げたメリットが気に入り、さらにデメリット部分が気にならなかったからです。

今使用してもうすぐ3年目になりますが、特に何の問題もなく、自家用車として愛用しています。

この車を買う前は中古車を購入し、自分の車として使用していたので、リースではあるものの新車がやってきた時はやはり嬉しく思いました。

最終的な決め手は月の支払いが一定であること。車税や車検なども全て含まれた料金であることが大きかったです。

やはり何月に車税があって次の車検はいつで…って分かっていても、いざその時がくると

おるもん
おるもん

今月出費増えるな~~!

って思うことがありませんか?

そういったことがないので、すごくストレスフリーです。

もちろん車検(通常の何か月点検含む)などで不備があった場合は無料にならない範囲のこともありますが、特別何かを追加したり変えたりしなければ無料で済みます。

月の支払いが2万ほどで、安いため契約の期間は長いですが、それほど車に興味がなく、乗れたら問題ないというタイプなので、長く可愛がりたいと思います。

目標は綺麗にお返しすること!そんな気持ちで日々乗っています。

ちなみに、カーリースの保障内に、車の所有者に加入が義務付けられている自賠責保険は付いていますが、任意保険などは付いていないため、一括見積をして一番安い(でもちゃんと保障はある)自動車保険に加入しました。

【無料】最大17社の自動車保険を一括見積もり

おるもん
おるもん

任意とは言ってもほぼ加入は必須!

サイトだけ見ても
どの保険が自分に合っているのかわからないため、

一括見積もりサイトが分かりやすいですよ!

カーリースについてまとめ

まとめ

今回2つのカーリースについて紹介してきました。

ボーナスがあって、ボーナス払いも可能な方には定額ニコノリパックがおすすめです。

逆に、もう一台車が必要だけど、ボーナス払いはちょっと…、極力費用は抑えたい方には均一払いでなおかつ安いカルモがぴったりではないでしょうか!

ちょっとカーリースについて聞いてみたい、でも直接リース会社に聞くと営業されそう…と不安な場合は、私の方に問い合わせてもらっても大丈夫ですよ!

簡単な質問で、分かる範囲であれば答えさせていただきます!

車が必要だし、できれば新車がいいけど…とどこにしようか迷っている方にはカーリースは本当におすすめです!

国産車であれば全メーカー用意してありますし(レクサスなどは除く)こだわりがあったとしても選び放題なのも嬉しいですね。

少しでも車購入に向けての参考になれば幸いです。

それでは、おるもんでした!

タイトルとURLをコピーしました